クォークとは  ロレックス一覧  メンテナンス  通信販売  高額買取  店舗一覧
HOME > ロレックス ROLEX > ロレックス オイスターパーペチュアル
在庫一覧を見る

SNSでクォークをCheck!

フェイスブック ツイッター グーグル+ インスタグラム ユーチューブ
新品 新品
中古品 中古品
アンティーク アンティーク
↑ このページのトップへ


 

世界に名立たるロレックスの原点を現在に伝えるモデルがオイスターパーペチュアル。
ロレックスの3大発明のうち「オイスターケース」と「パーペチュアル」の2つを搭載したオイスターパーペチュアルは防水・防塵ケースの自動巻き時計を意味する。
このモデルをベースとし、後にエクスプローラーやサブマリーナー、ミルガウスなどプロフェッショナル用モデルのリリースに繋がっていく。
↑ このページのトップへ


 

型番一覧 現行モデル 生産終了モデル


↑ このページのトップへ


 

1926年

オイスターパーペチュアルの歴史
 
ロレックスの3大発明の1つ「オイスターケース」が開発される。
元々はオイスター・ウォッチカンパニーが開発した時計用防水ケースで、金属の塊を削りだし作成したもの。これにねじ込み式のリューズとスクリュー式の裏蓋を組み合わせた完全防水のケース。これにより世界初の防水時計を完成させ、スイスで特許を取得した。

1931年

 
ロレックスの3大発明の1つ「パーペチュアル」が開発される。
ロレックスが開発した自動巻き機構のこと。ローターが360度回転する世界初の機構で、パーペチュアルは永久を意味する。

1933年

 
「パーペチュアル」の特許を取得。「オイスターケース」と組み合わせ、オイスターパーペチュアルが誕生する。裏蓋が泡(バブル)状に膨らんでいた為、 通称“バブルバック”と呼ばれるようになった。1950年代に入るとケース径を大きくし裏蓋の膨らみを抑えた「セミバブル」と呼ばれるものも登場。1955年頃まで20年間以上製造は続いた。文字盤と針のバリエーションが豊富なことから、現在ではコレクターからの人気が高い。

1947年

 
アメリカ空軍のチャック・イェーガーが『オイスターパーペチュアル』を着用して、人類初の音速飛行に成功する。

 
その後、1950年代に入りカレンダー機能付きの『オイスターパーペチュアルデイト』が誕生。発売当初は搭載されていなかったが、現在はロレックス3大発明の残り1つ「デイトジャスト機構」も装備されており、リーズナブルな価格設定ながらハイスペックな高性能モデルである。



↑ このページのトップへ


 


Ref.114300


    オイスターパーペチュアルの系譜

Ref.114300

製造期間:2015年~現在
搭載ムーブメント:Cal.3132
2015年に登場した新サイズのOY.PP。ケース径はこれまでで最も大きな39mm。
エクスプローラーI(Ref.214270)と同じサイズとなる。


Ref.114200


Ref.114200

製造期間:2014年~現在
搭載ムーブメント:Cal.3130
2007年よりエアキングとして製造開始していたRef.114200。2014年のマイナーチェンジで文字盤のAir-Kingロゴが廃止となり、エアキングシリーズが実質的に生産終了を迎えた。その後、ロゴが消えたRef.114200はOY.PP 34mmと名前を変え、OY.PPシリーズとして生産を継続している。


Ref.116000


Ref.116000

製造期間:2008年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3130
しばらく製造が無かったノンデイトのOY.PPだが、2008年に新モデルとして登場。デイト付はケース径34mmだが、ノンデイトはケース径36mmに大型化。デイトジャストと同じサイズとなる。



↑ このページのトップへ





ロレックス専門店クォーク トップページへ


© Quark R co.,ltd. All rights reserved.
English中文(简体)中文(繁體)한국어ภาษาไทยMelayuIndonesia